学生がお金を借りる場合

MENU

学生がお金を借りる場合

お金が必要なのは何も社会人だけではありませんよね。
学生にもお金が必要になるときがあります。
しかし学生は学業が本分なので、まともにお金を稼ぐ時間はないはず。
そんな中で高額なお金が必要になったら、どうしたらいいのかわからなくなりますよね。

 

身内や友人に借りるのが一番無難です。
しかし額によっては貸してもらえないこともあります。
そんなときの為に、金融機関から「学生ローン」というものが出されています。
学生なら誰でもお金を借りれるの?と思ってしまいがちですが、そうでもないんです。

 

まずキャッシングの利用には年齢制限があります。
店舗によりますが、18歳以上の場合と20歳以上の場合があります。
いずれにしても学生で18歳以下の場合は借りることができません。

 

借りるお金の上限額は、一般のローンと比べるとやはり低めです。
しかし何百万ものお金が必要になることはないでしょうから、このくらいでちょうどいいかもしれませんね。
ただしこれは銀行のローンの場合です。

 

学生専用のローンを行っている会社はたくさんあります。
そういった所だと、銀行のローンの上限額から一気に跳ね上がった金額を借りることができます。
しかし銀行のローンよりも利率がかなり高くなりますので、少しのお金がいるぐらいなら
学生でも銀行のローンで済ませた方がいいでしょう。

 

 

学生がお金を借りるならどこがいいのでしょう。

 

最近では気軽にお金を貸してくれるところが沢山あります。お金を借りるなら親から借りるのが一番いいかもしれません。

 

親なら利息なしで貸してくれる可能性が高いです。ただ、学生だと親からお金を借りるというのは何となく恥ずかしい気持ちがあります。

 

そうした人は、銀行やカードローンなどを利用すると良いでしょう。

 

学生でも無理なく返済できる計画があれば、お金を借りることは決して悪いことではありません。

 

最近、人気なのがカードローンで、銀行や消費者金融、信販系などが取り扱っています。

 

審査に通過すれば、あとは返済期日を守りながら、返済していくだけです。

 

審査は気になるところですが、とりあえず、人気ランキングの上位から審査に申し込んでいくといいでしょう。

 

最初に申し込みをした所で審査が通るかどうかはわからないので、数社に同時に申し込んでおくのがおすすめです。

 

学生がお金を借りるなら、大手キャッシングがおすすめ。

 

学生、パート、アルバイトでも一定の条件であれば借入できす。簡単な3秒診断もあるので、まずは試してみましょう。

 

キャッシングによっては、平日14時までに手続きすれば、その日に口座振込み可能です。

 

キャッシングには、仮審査と本審査があります。

 

仮審査というのは、仮の審査のことで、年収や住まいなどの簡単な情報だけで、貸すことができるどうかを仮に審査します。
数値上のものだけで判断するおおよその審査で、仮審査はネット上で申込みするのが普通です。

 

仮審査に申し込んで通過すれば、本審査へと移行します。

 

仮審査は本審査のための予備審査のようなものです。

 

お金を貸す場合、最低限のマナーが悪い人には貸すことはできません。学生であっても社会人であっても同様です。

 

キャッシングでは、仮審査と本審査を用意することで、その辺のところを見極めているわけです。

 

仮審査は、機械で自動的に行うのが通例で、基本的な項目だけを審査して、お金を貸しても良いかどうかを判断します。

 

申込者の基本情報から融資可能かどうかを機械的に判断するので、仮審査は実にスピーディーです。

 

一方、本審査は人間の手によって調査します。確かな情報をもとに細かく確認し、人間による調査なので本審査時間は多少かかります。

 

じっくり細かく調査するので、本審査では、少しでも怪しいところがあれば落とされる可能性があります。